ペットと暮らすリフォームならホームプロ

2013年01月06日

部分リフォーム:階段その2(予算¥50万円以内)


≪できること≫
元々あった階段の踏み板を変えたり、
壁・天井のクロスを貼替えるなど内装を一新できます。

新たに手すりを設けることも可能。
又、暗い階段には窓を付けたり、仕切りの壁の一部を抜いて
光を取り込むなどの工夫もできる場合が多いです。

≪まとめ≫
・踏み板や内装の一新
・新たに手すりを設置
・窓の設置で明るい階段にも対応可能


【参考例】

神奈川県 横浜市にお住まいの戸建住宅(築年数30年以上)

階段まわりのリフォーム事例です。


施行前(before)
kaidan-before.jpg

手すりがなく危険だった既存の階段。


施工後(after)
kaidan-after.jpg

高齢の両親を心配する施主の要望で、新たに手すりをつける工事を行いました。

手すりは継ぎ目がないタイプで、万が一、足元がふらついた時も安心。
とっさの場合もしっかり握って、体を支えることができます。

今回は予算内で壁のクロスも張り替え。
白一色にすることで、すっきりとした印象になりました。


kaidan-after2.jpg

踏み板には滑り止めを施工。
ツルツルと滑りやすい木の床に比べ、安全性が飛躍的に高まっています。


リフォーム価格
¥35万円


【採用機器・設備】
パナソニック「リフォーム上貼りタイプ」


事例提供:株式会社フロンティアコーポレーション


≪お見積もりは今すぐ、クリック!≫
10,000件のリフォーム事例をカンタン検索【ホームプロ】

リフォーム ホームプロ



にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村
ランキング登録をお願いします。m(_ _)
posted by 30nomoney at 15:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 部分リフォーム集(居室) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。